屋根のひみつ

板金屋さんが屋根に銅板を貼っているところです。

痕がつかないように、当て板をしながら加工していきます。

 

ひみつというと大げさですが、

入口についている小さな屋根は銅製です。

 

ということは今は新しい10円玉のようにキラキラの屋根ですが、

だんだん酸化して何年かするとミントグリーンのような色に

なるそうです。

 

神社などの屋根の色になるのですがわかりますかね?

 

デザイナーさんの話ではその酸化した色が目的なのだそうです。

 

最初からミントグリーンにすることもできるそうですが、

だんだん見守るのも良いとのこと。

 

あとどれぐらいで最終形態になるのでしょうか??